太陽幼稚園の紹介

教育方針

 

 幼児期が生涯にわたる人間形成
の基礎を培う大切な時期であること
を踏まえ、幼児一人ひとりの特性に
応じ発達の課題に即した指導を行う
ために次のような点に力を注いでい
ます。

 
 

○三育(知育・徳育・体育)のうち、徳育とは今社会で大いに問題と
   なっている「心の教育」のことで、本園では開園以来、幼稚園教育
   とはこれが本流であると一貫して続けて参りました。つまり基本的
   習慣・しつけそして情操や協調性・優しさ・思いやり等、『本当の強
   い心』を育てるための保育に努めています。

 

○『強い身体』を育てるのも幼稚園の大切な責務です。家庭と連携
   して保健衛生の指導に努め健康の尊さを判らせ、自分の身体は
   自分で守れるよう指導しています。そのため専門の体育講師を
   委嘱して園児の体力向上を図るよう体育の時間を設け楽しく種
   々の運動をしております。

 

○幼児は言葉や本などで教えるより実際に体験して『自分の目で
   見・耳で聴き・触れてみる』ことで知的理解が進むのであり、総合
   的経験として心に焼きつける方法をとっております。そのため現
   地に出かけたり、自分で確かめたり、またごっこ遊びをしたり、行
   事を多くもっております。

 

○小規模幼稚園としての利点を生かし、目の行き届いた安全で快適な
  保育と一人一人の園児のニーズに答えられるような保育を目指しま
  す。

沿革史

 大正5年

 現在河北新報社が建っている地(東二番丁)に当時
 希少な幼稚園として創立された。
 

 昭和20年

 戦争が激化し、子供達が通園できなくなり、やむを 
 得ず一時廃園した。

 昭和41年

 旧太陽幼稚園や太陽保母養成所の「教育理念」を
 復活残存させるため現在地に再建した。

   

太陽幼稚園外観

  建物の外観です。タイトルをクリックしてください。

 一日の生活の様子

  生活の大体の流れです。タイトルをクリックしてください。

園の施設・設備

  トイレなどの園の施設・設備です・タイトルをルをクリックしてください。

 TOP